廃車時の自動車重量税の還付手続き

MENU

自動車重量税の還付金制度は永久抹消時のみに注意

車の区分と重さによって課税される税金が自動車重量税です。

 

 

これは毎年払うものではなく、新車を購入する際や車検を受ける際に一括で納付します。

 

 

車を廃車にした場合、特定の条件を満たせば自動車重量税も還付してもらうことができます。

 

 

 

自動車重量税は、普通自動車と軽自動車どちらも還付の対象です。

 

 

ただ、条件が少し難しく、手続きを忘れると永久に還付を受けられません。

 

 

 

まず条件ですが、

 

普通自動車は永久抹消登録の場合のみ、軽自動車は返納届けを出した場合のみに限ります。

 

 

 

※一時的な抹消登録では還付されません。

 

 

 

また、自動車リサイクル法に基づいて車を解体した場合のみ還付の対象となるため、

 

適切な業者に解体を依頼しないと還付されない恐れがあります。

 

 

 

そして車検証の残存期間が1ヶ月以上残っていることも条件となっています。

 

 

 

 

すでに車検切れ、もしくは残存期間が1ヶ月も無い場合、その時点で還付の対象外となり、

 

これらの条件をすべて満たした場合のみ自動車重量税が還付されます。

 

 

 

自動車重量税は、自分で還付の手続きをすることになります。

 

 

しかし業者に廃車手続きを依頼する場合は必要ありません。

 

 

手続きは、普通自動車の場合陸運局で、軽自動車は軽自動車検査協会で行います。

 

 

永久抹消登録か解体届けを申請する際、同時に還付手続きをしなければいけません。

 

 

 

自動車税と異なり、自動で手続きされないため忘れずに行うようにします。

 

 

また、自賠責保険などと違って、後日に自動車重量税の還付手続きのみをすることもできません。

 

 

還付の対象になっている時は、必ず永久抹消登録や解体届けと同時に手続きする必要があります。