MENU

経験のために自分で手続きを行う事も推奨します。

自動車の廃車は業者に頼むのが一般的ですが、自分で行うことも可能です。

 

自分で自動車の廃車手続きをする場合、永久抹消登録と一時抹消登録に分かれます。
流れとしては、普通自動車や軽自動車を管理している場所に廃車の書類を作成し、必要事項や必要書類を集めましょう。
必要書類についてはこちらのまとめを参照してください。

 

専門家にお願いすれば不備はありませんが、法律書類に詳しくない人は不備がある場合が多いので注意して記入を行ってください。
普通自動車なら陸運局、軽自動車から軽自動車検査協会に申し込みを行います。

 

都道府県や自治体によって場所が変わるかもしれないので、住んでいる最寄りの陸運局や軽自動車検査協会にきちんと確認を取っておきましょう。

 

 

また、書類や手続きと同時に行いたいのが、スクラップ業者への廃車依頼です。
車のディーラーなどにお願いすれば必要ありませんが、自分で行う場合は廃車をしてくれる専門家を探す必要が出てきます。

 

自分で廃車を行う場合、車を業者に持っていけば費用の負担は少なくなります。
自動車の引き取りを自分で行うにしても完全に自分で行うことは不可能です。
自動車を解体し、スクラップにするには専門家の資格や許可が必要になります。

 

手続きに関しては自分で行うにしても信頼できる解体業者を探すことが重要になります。

 

 

その中で自動車の引き取り代に関しては自動車が動くかどうかが重要になります。

 

エンジンのトラブルでまったく車が動かないのであれば、レッカー移動して業者に直接取りに来てもらうしかありません。

 

しかし、もし車が動くのであれば自分で運転して持っていきましょう。
自分で持っていけば引き取り代がタダになる解体業者もいるからです。

 

また、自動車のスクラップ代に関しても業者に車を買い取ってもらえるようにお願いすれば費用の節約が可能です。

 

永久抹消登録では、完全に廃車を行い、車が相手に渡ってしまいますが、一時抹消はナンバープレートを外すだけで費用はあまりかかりません。
どちらの方法で廃車を進めるのかじっくり考えましょう。