MENU

名義変更は確実に行っておく。

持っている車の名義人が販売会社の場合、きちんと名義変更をしておきましょう。

 

廃車したい車の名義人である販売会社が倒産することになると、大きなトラブルに巻き込まれるでしょう。
車の名義というのは所有権を意味しています。

 

今は快適に運転できる車だとしても使用している限り、いずれ寿命を迎えます。
または、新しい車を購入したり、知人に譲渡する場合も出てくるでしょう。

 

そのとき、問題になってくるのが名義です。

 

本人なら何も問題ありませんが、倒産している販売会社の名義のままだと持ち主に権限がなく、車の移動や買い替え、売買ができなくなります。

 

 

古くなって買い換えようとしても名義が販売会社のままなら管理責任を最後まで負わないといけません。

 

ここで重要になってくるのは、車の処分は可能ですが、ナンバーと車検証はデータとして残ってしまうことです。

 

車自体の処分はスクラップ業者にリサイクル料金を支払えば可能です。
しかし、車のナンバーや車検証はデータとして国や自治体に残っています。

 

 

 

車が処分されたとしても自動車税の支払いは毎年請求されます。

 

販売会社が営業していれば連絡すれば済みますが、倒産していた場合、手続きは非常に複雑です。

 

きちんと営業しているときに名義を自分に移すことが重要になります。

 

 

もし、販売会社の名義のまま倒産などに見舞われた場合、解決方法は複雑になります。

 

きちんとした販売会社なら倒産したという証明書が発行できますが、夜逃げや行方不明の可能性も出てきます。

 

 

こういったケースでは、まずは陸運局でどうすればいいのか相談してみましょう。

 

必要書類を提示し、解決される場合もありますが、法曹関係の専門家と相談し、今後のトラブルを一緒に解決するしかないかもしれません。

 

販売会社の名義のまま倒産してしまうと、普通の人だけでは解決が難しい法律の専門知識が必要になります。
一番重要なのは、そうならないように事前に販売会社から自分に名義を変更し、トラブルを回避することが必要になってきます。