MENU

廃車手続きで自動車税が戻ってくる条件とは?

自動車を所有している場合には、自動車税が発生します。

 

 

しかしその自動車を廃車にする場合は、支払った自動車税が一部返ってくる可能性があるのです。
(これを還付金といいます。)

 

 

 

一年単位で納付するものですが、廃車にしてしまったらそれ以降は自動車を所有していることにはならないので、その分が戻ってくるわけです。
(普通乗用車のみで軽自動車には自動車税の還付金制度はありません。)

 

 

 

しかし、誰でも自動車税が返金されるわけではありません

 

 

この場合は、いくつかの条件を満たしている必要があります。

 

 

その中の一つが、いつ廃車にするのかです。

 

 

返金される場合は、廃車にした翌月から三月までの期間を月数で割った金額になります。
つまり三月に廃車してしまった場合は、当然のことながら返金されません。

 

 

しっかりと納税しているのかも重要です。
地方税などで未納分があるなら、自動車税は返金されずに、未納分に補填されます。

 

 

もしも未納分を上回る金額の返金があるなら、差額分が戻ってきます。
税金関係は、シビアにできているのです。

 

 

軽自動車を所有している人には、自動車税の返金自体がありません。

 

これはなぜかというと、そもそも軽自動車は自動車税額が安いからです。少なくても払った分は取り戻したいと考えるかもしれませんが、制度として決められているので諦めるしかありません。

 

 

 

自動車税が返金されるのかどうかはともかく、手続き自体は何も難しいことはありません。

 

 

廃車手続きをすれば、返金手続きをしたことになるからです。廃車後に還付通知書が送られてくるので、金融機関で受け取れば完了です。

 

一〜二ヶ月もすれば届くので、基本的に待つだけで大丈夫となっています。