MENU

自賠責保険は1か月以上有効期限があれば還付の対象になる

車を廃車にすると自賠責保険を還付してもらうことができます。

 

これとは別に、車の任意保険も解約によって還付の対象となります。

 

 

車を廃車した場合、保険は還付されると考えておきましょう。

 

 

しかし、還付を受けるにはいくつかの条件があります。

 

まず自賠責保険は、有効期限が1ヶ月以上残っていないといけません

 

 

任意保険は保険会社によって異なります。

 

 

また、自賠責保険は還付を受ける際に廃車したことを証明する書類が必要です。

 

 

 

一時登録抹消証明書、または永久抹消登録証明書(軽自動車は自動車検査証返納証明書)を交付してもらいます。

 

 

 

自賠責保険は強制加入になっていますが、還付請求は加入している保険会社の窓口で行います。

 

 

現在加入している自賠責の保険会社へ連絡し、手続きに必要な書類を発送してもらいます。

 

手元に届くまでに数日はかかりますので、早めに請求することが大切です。

 

 

その間に抹消登録を証明する書類、印鑑、自賠責保険証明書を準備します。

 

保険会社によっては身分証明書のコピーも必要です。

 

 

必要事項をすべて記入し書類とともに返送したら、後日保険会社より解約の連絡がきます。

 

 

還付金は指定の銀行口座に振り込まれます。

 

 

ただし、還付される金額は解約を申請した月を基に計算されます。

 

 

申請が遅れると還付そのものを受けられなくなる恐れもあります。

 

 

このため、車を廃車にしたらすぐに申請することが大切です。

 

廃車手続きが終わったら、保険会社に解約のための書類を請求しましょう。